ジャージとワールドカップ

プーマジャージといえばサッカー!というほど、プーマジャージサッカーイメージは強いです。

そのイメージ通り、ワールドカップの海外代表ユニフォームは、プーマジャージが一番多く着用されています。

2006年のワールドカップでプーマジャージを着用したチームはなんと12カ国です。

他と比較してもナイキが8カ国、アディダスが6カ国ですから、プーマジャージの人気の高さはスゴイものです。

2006年のワールドカップでは、プーマジャージの中でも体全体にグラデーションを使ったカラーでプリントが入るタイプのものが多く見られましたね。

ジャージにも流行があるんですね…

ちなみに2006年ワールドカップでプーマジャージを着用したチームをあげてみると、ポーランド、パラグアイ、コートジボアール、イラン、アンゴラ、イタリア、ガーナ、チェコ、スイス、トーゴ、チュニジア、サウジアラビアとなります。12カ国ちゃんとありますね。
posted by ジャージータケナカ - ジャージを知ろう

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。